レポートVol.24     フランス紙漉き体験記(1)

フランス紙漉き体験記(1)    (2008年9月8日~12日) NPO法人書物研究会 代表理事 板倉正子

手漉きの洋紙
「手漉き」といえば「和紙」の話で、「洋紙」に手漉きがあるとは、製本をはじめるまで長い間知らなかった。書物修復の仕事をするようになって、ヨーロッパの美しい手漉き紙に接する機会が多くなり、漉き目や透かしに関心を持つようになった。
現在でも手漉き紙は、イギリスやイタリア、フランスなどで作られており、用途は主に版画や絵画の用紙として、また古版本の見返し紙や修復用として用いられている。

パリから南西に約450キロ、TGV(フランスの新幹線)で約3時間の所にAngoulume(オングレム)という小さな町がある。もう1時間走ると、ワインで有名なボルドー地方である。
資料によるとこの町は中世からの紙漉きの町で、その後工業製紙に引き継がれ、タバコの巻き紙や封筒、新聞用紙などを生産していた。1900年代半ばに産業としては完全に衰退し、現在は紙漉き博物館としてその名残をとどめているのみである。

Moulin du Verger. www.moulinduverger.com
1539年に設立されたこの紙漉き場は、現在でも17.8世紀の手法で伝統的な紙を漉いている。この紙漉き場で手漉き紙の体験をし、その紙で16~18世紀の紙表紙の製本を学ぶ、というのが今回のワークショップの内容である。紙漉きの講師はジャック先生、製本はクリストファークラークソン先生、参加者は10名。主催はコンサベ-ション・バイ・デザインというイギリスの修復関連機器の会社である。
www.conservation-by-design.co.uk

 

レポート24_01
■ Moulin du Verger(紙漉き場)レポート24_02

■ 紙の原料を作るジャック先生<Jacques Brejoux 氏>

 

レポート24_03レポート24_04

■ 紙を漉く■ 紙をつるして乾燥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA