◆板倉正子◆ 修復本科・実践修理本科  担当

・ 大阪編集室にて石井力太郎氏より製本装幀技術、片山哲夫氏より装幀デザインの手ほどきを受ける。
・ その後、製本修復に興味を持ち、アメリカ東部各図書館などを視察。
・ スイス製本修復学校(セントロ・デ・ベル・リブロ スイス)留学,以後(1988年)書物修復を本業とする(特にヨーロッパの中世期の書物)
・ スイス製本修復学校 短期過程終了(1990年)。
・ ドイツ・デュッセルドルフの製本所にて、和本の製本を教えながら研修(1990年)。
・ 製本修復の国際会議参加(1991年)。その折、スウェーデン・ヨーデボリ大学にて「日本の紙と書物の構造について」講義。
・ 「書物の歴史と保存・修復に関する研究会」を設立。1991年。
・ アトリエ・BOOK・クンスト主宰。ニューヨーク・Center for Book Arts アーティストメンバー
・2010年、スロベニア国立文書館にて「綴葉装」のワークショップ開催。
・ 2004年NPO法人書物の歴史と保存修復に関する研究会設立 以降代表理事を務める。

◆岩渕しのぶ◆ 修復基礎 修理基礎  担当

・ 大学卒業後、京都にて手描き友禅に従事。水墨画、運筆を学ぶ。
・ 1998年より奈良にて染色創作活動再開。
・ アトリエ・BOOK・クンストにて、修復基礎初級、修復基礎上級、 実践修理科を修了。 現在修復本科に在籍。
・ 2005年より修復基礎初級クラス講師を担当。
・奈良女子大附属小学校PTA 図書ボランティアの方から、 同校図書室の本の修理についての相談を受け、調査、検討する。
・ 奈良女子大附属小学校図書修理プロジェクトを提案し、担当。
(同小学校PTA図書ボランティアの皆さんに、小規模修理の指導を行い、全員で計11冊を修理する)
・ 奈良女子大附属小学校1年生のお母さんから、子供達の日記(あのねノート)を合冊し 保存版日記帳にしたいとの依頼を受け、「あのねノートの製本」講習会を上村浩美(NPO書物研・企画主任)と担当する。
・ 現在、奈良県立図書情報館共催の「図書修理マイスター養成入門講座」「図書修理マイスター養成中級講座」担当。
・ スイス製本修復学校(セントロ・デ・ベル・リブロ スイス)の短期修理講座受講。(2012.11)
・ 伊丹市立図書館 図書修理ボランティア養成講座を担当。(2013.1~2014.1)

◆木村美知子◆ 修理基礎  担当

・ アートスクールにおいて写真、アート、マスコミ学を学ぶ。
・ 博物館主催の写真講座にて、写真史、現代写真論、写真作品制作術を学ぶ。並行して、舞台写真撮影会社にて舞台撮影アシスタントを担当。
・ 写真・映像のNPO法人に勤務(1993~2009年)。写真ギャラリースタッフ、写真講座事務局を経て写真作品著作権管理、写真集専門図書室運営業務全般を担当。
・ 図書室蔵書修理のため、大阪市内の製本工房に通う。
・ 写真作品制作者向け製本講座の立ち上げと、蔵書修理への取り組みと技術修得のため、アトリエ・BOOK・クンストにて修復基礎初級、研究科、修復基礎上級 修了。現在、修復本科に在籍。
・ 2011~2013年、旧研究科の講師を担当。
・ 写真集のための製本講座開始、講師を務める(2004~2009)。
・ 「奈良県図書修理マイスター養成入門講座」、学校図書館のための図書修理研修講座(ジュニアマイスター研修会)などの実習講師を経て、現在「修理基礎①講座」の講師を務める。

 

◆長友 馨◆ 修復基礎 II  担当

・ 自分が所有する19世紀の洋書を修復したいと、NPO法人書物の歴史と保存修復に関する研究会の門を叩く。
・その後、修復基礎初級、上級、準備科を修了。
・ 東日本大震災で被災した文書資料のレスキュープロジェクトに参加。作業現場の監督などにあたる。
・2015年より、独立行政法人奈良文化材研究所主催「文化財等防災ネットワーク研修」水損ワークショップの講師を務める。

◆大喜多真子◆ 図書修理マイスター講座  担当

・ 大学卒業、企業にて社会人経験、後、武蔵野美術大学短期大学部デザイン科(編集計画コース)に学び、工芸製本を知る。
・ 製本工房リーブルにて基礎的な製本技術の手ほどきを受ける。
・ NPO法人書物の歴史と保存修復に関する研究会入会。修復基礎初級、上級、準備科修了。現在、実践修理本科在籍。
・本部「資料保存入門コース」担当講師を経て、現在「図書修理マイスター養成講座」選任講師となる。

◆藤井かおり◆ 修復基礎 I  担当

・ 大学時代に図書館に興味を持ったことから、卒業後、公共、大学、専門図書館で司書として働く。
・ 新聞社でWebサイトの校正・編集補助業務、書庫の管理業務に従事したのち、一念発起しワインの資格を取得。現在はワイン販売会社にて勤務。
・ 2007年NPO入会。修復基礎初級、上級、実践修理併設準備科修了。現在、修復本科修士コースに在籍。
2010年より修復基礎上級(現・修復基礎I)のアシスタントを担当。
・ スイス製本修復学校(セントロ・デル・ベル・リブロ スイス)にて、2011年2月 製本短期講座受講、2013年9月 修復短期講座受講。

 

◆山下 千馨◆ 資料保存入門 担当

・2006年より地域の小学校にて学校図書館読み聞かせボランティア活動開始。
・2008年よりNHK文化センターにて、藤井敬子氏より製本装丁の手ほどきを受ける。
・2012年 NPO法人書物の歴史と保存修復に関する研究会入会。書物修復基礎初級、修復基礎Ⅰ、修理基礎①、修理基礎②、修復基礎Ⅱ修了。
・図書修理マイスター養成講座等のアシスタントを経験。
・2017年 資料保存入門のアシスタントを担当。
・2018年 資料保存入門講座担当講師となる。

◆野呂 聡子◆ 修復本科基礎 担当

・2002年より本部講座受講

・2006年夏期講座デボラ・エベッツ クロスリバッキング講座にて英語逐語通訳担当

・2010年京都にて『豆本生活 野呂聡子展』

・2015年より修復本科基礎講座講師担当

・2017年『図書の修理 とらの巻』イラスト担当