MENU

お知らせ

■ 次年度よりオンライン講座始めます。
詳細決まり次第お知らせします。
募集は12月から

私たち書物研究会のコンセプト

何世紀もの時代を生きてきた本は、存在自体宝石のような価値を持っています。こうした貴重な本を修復し次の世代に渡す。これが「書物研究会」の活動です。

本の修復には世界的に注目が集まっていますが、日本ではまだまだ関心が低く、貴重な本が傷んだまま放置されているのが現状です。

私たちは、修復作業だけでなく、技術者養成、情報発信も行っています。私たちの活動にご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

書物修復工房

書物修復工房では書物全体を歴史遺産として捉え、後世に残していくためには、何をすべきで何をすべきでないか、を常に考慮しながら作業を行っています。

書物修復講座

緻密に構築されたカリキュラムと講座編成
10年以上のキャリア、海外研修経験豊富な講師陣による指導

留学相談、アドバイス、推薦状の発行、など、留学希望しゃにも対応しています。

 

調査及び研究事業

蔵書調査、保存修復計画立案
関連図書の出版事業、インターネットによる情報発信
関連機関との連携による水損資料レスキュー

 

代表理事からのご挨拶

はじめまして。NPO法人書物研究会を運営し、傷んだ本を治す活動をしている板倉正子です。私はこれまで、アメリカでの図書館視察や、スイスの本の修復専門学校での学びを経て帰国後、書物修復を仕事として活動するため、それまでの「書物の歴史と保存修復に関する研究会(1999年設立・代表松村恒)」をNPO法人へと移行し、大学図書館の貴重書修復と修復講座運営を柱として活動を続けています

タイトル:図書修理マイスターの部屋

https://npo-bookrepair.com

タイトル:貴重書修復の世界へようこそ

https://npo-kichosyo.com

書物修復はこちら
図書修理講座はこちら
講座概要はこちら

入会ご相談・教室見学はいつでも受付けています。
お電話でお申込み下さい。(0742-35-3471/2  木曜定休

PAGE TOP